スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
『赤坂文庫』ってなぁ〜に?
今週末には「フタボンコといく赤坂文庫ツアー」が開催されますが、では『赤坂文庫』とは一体なんでしょう?

この本は、ちょうど1年前、「アート IN 赤坂」というプロジェクトの中で発行されたものです。


「赤坂40ストーリーズ」とサブタイトルがつけられているように、赤坂を舞台とした40の物語が紹介されています。
喫茶店で芸者衆のためにうまれたメニュー、職人技の光る老舗の店の奥に隠れたお話、チラシにも使われているワル猫の生態。。。
今も昔も、赤坂に点在し街を作っている宝物のような物語を、アーティストグループ・フタボンコが探し歩いて見つけ出し、そして1冊の本にまとめたのです。

けれども、本の中にあるのは予告編のみで、本編は載っていません。
本編は、実際の街のなかに、そこで暮らす人々のなかにあるのです。
それをいっしょに見にいきましょう、というのが今回のツアーです。
ナビゲーターは制作者であるフタボンコ。
思いがけない裏話も聞けるかもしれません。
もちろん、ご参加いただいた方には、リニューアルした2008年度版『赤坂文庫』をプレゼントいたします。



これまで赤坂に縁がなかった方も、もともと大好きでより深く赤坂を知りたい方も、
ぜひご参加ください。

そして、ツアーの後は、『赤坂文庫』を手に、更なる物語を探しにいってください。
| Akasaka Art Flower 08事務局 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
深夜設営
公式ページも本格オープンし、まさに設営も佳境に。

大津さんのミーティングを経ていよいよ現場設営。急ピッチで進んでいます!

場所は赤坂サカスのBizタワー前。交差点に面したとても目立つ場所です。
待ち合わせ場所に最適!




| Akasaka Art Flower 08事務局 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
制作風景
いよいよ9月に突入です。
それぞれの作家も思い思いに制作進行中!

小沢剛
布団の山がほぼ完成!子供大喜び!


淺井裕介
この部屋一面、泥で描かれていきます!


松宮硝子
8月中旬からほぼ毎日通い詰め、じわじわと作品を成長させていっています。


TOCHKA
会場を利用した新作の撮影中!



鉄割アルバトロスケット

10月4日(土)、5日(日)に公演決定!ステージは10日からご覧いただけます。
| Akasaka Art Flower 08事務局 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
男の真剣会議
「西野達」こと「西野竜郎」こと「西野達郎」こと大津達さんがドイツから来日し、
作品設置のため、大津氏とキュレーター窪田、スタッフ小川、東京スタデオの方々で真剣ミーティング。

みんなの目線の先にあるものは・・エンジェルの資料が・・。

・・果たしてどのような作品ができあがるのか??
奇跡が起きそうです!!

| Akasaka Art Flower 08事務局 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
着々と
旧赤坂小学校では、今週月曜からパラモデル淺井裕介さんの制作も始まっています。
この二組が同じ会場で展示することになったのは偶然なのですが、作品にどこか通ずるところがあると思いませんか?


関西から徹夜でドライブしてやってきた、パラモデルとアシスタントの皆さん。
荷物が多くて、みっっっっっちりです。
今回、かなり大規模な作品を作ってくれます。



到着して早々、窓辺にあるツタの葉っぱを見つけて、顔を作ってくれた淺井さん。
初日にも関わらず、夜にはあっという間にマスキングテープが張り巡らされていました。
| Akasaka Art Flower 08事務局 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HITOTZUKI完成!
ほかのアーティストより一足早く、11日より会場である旧赤坂小学校体育館での制作に入っていたHITOTZUKIですが、一昨日の21日、無事完成しました!
暑い毎日が続いたかと思ったら、雨天にも見舞われたり、と大変な制作環境にもかかわらず、がんばってくれたKAMIさんとSASUさん。
本当にお疲れさまでした!


簡単ですが以下制作の様子をお伝えします。


最初はなんにもない、古くて汚れたビルの壁だったのです。


高所作業車を操作しながら、下絵を描いていくKAMIさん。汚れがひどいので描きづらそう。


下絵が完成したら、いよいよ色を付けていきます。
この段階で、かなり巨大。期待が高まってきます。


高所作業車が届かない低いところは、脚立にのって描き込んでいくのです。


力強いラインが出現。空の蒼さと影の濃さが、夏の日差しの強さをうかがわせます。


西日があたる場所だったので、午後遅くなるにつれ、ますます作業は過酷になっていきます。


この色使いの美しさ!形も可愛らしい。


完成が近づくと、細かな表現がどんどん加わって、絵の迫力が増すのです。作業の大変さも増します。

どんな作品が出来上がったかは、是非会場でお確かめくださいね。



おまけ

控え室の黒板にチョークで描かれた絵。
 

| Akasaka Art Flower 08事務局 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
体育館でも制作中
淺井裕介


paramodel


HITOTZUKI

| Akasaka Art Flower 08事務局 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
下見続々
今週始めから、会場の一つである旧赤坂小学校につめているのですが、
会期中イベントを行うアーティストが次々とやってきます。

まずは月曜。9月23日に彼らとしては初のワンデイイベントを開催するNadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)の野田智子さんがはじめて体育館を下見。
いろいろとイメージが膨らんだようです。

そして火曜には2度目の下見となる鉄割アルバトロスケットのみなさん。
公演は、10月3〜5日の予定です。



この体育館のステージで、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、とても楽しみです。
| Akasaka Art Flower 08事務局 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マチバリボーイ
いよいよHITOTZUKIも作品制作を現場ではじめました!
具体的なプランがほぼ出そろいいよいよ架橋に入るアーティスト。
そんな作家情報も徐々にUPしていこうと思います。


「これ、いいパールですね」
と、届いたサンプルを見ながら至極満足気なご様子。
写真は異なる会社の待ち針の頭部分を真剣に吟味する参加作家の志村信裕さん。
作品の中に使用する上でかなり重要なパール部分。
そんなところに注目してるのは、世界中探しても志村さん以外にいないでしょう…。



展覧会直前には志村君の制作を手伝える待ち針ガールを大募集中ですー!
| Akasaka Art Flower 08事務局 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
Page: 1/1